甘酸っぱくて最高!美味しいりんご7976を見分けるポイント!

美味しくて体にもいいりんご。今回は簡単にできる美味しいりんごの見分け方を紹介します! まずポイントの1つとして、りんごの色があります。色が良くついたものほど甘みが強く味が濃い美味しいりんごの可能性が高いです。またお尻の色も重要です。青や緑よりも黄色や橙色、飴色のりんごが食べ頃です。しかしこのようなりんごは長持ちはしないので注意しましょう。 次に皮の触感。皮はツルツルしたものよりザラザラ、デコボコしているものの方が甘みの強いりんごが多いです。 果実の重さも重要です。同じ大きさのりんごでも、比べてみると重さに違いがあります。重いりんごほど熟していて蜜入りも多い美味しいりんごです。 りんごの香りもチェックしてみましょう。よく熟した美味しいりんごは特有の良い香りがします。逆に何か発酵したような臭いがするりんごは、熟しすぎているため、避けた方がいいでしょう。 次にりんごを指ではじいてみましょう。弾んだ音がしたりんごは新鮮であり、鈍く低い音がしたときは鮮度が落ちた古いりんごです。またツルが太くてしっかりしていることも新鮮な証拠です。 いかがでしょうか。今度スーパーでりんごを買う際は色、触感、重さ、香り、音、ツルの6つのポイントに注目して選んでみましょう。きっと美味しいりんごを手に入れることができますよ。

知られざるりんご7976の生産地~世界の産地から~

日本国内のフルーツとしてとても親しみやすいりんごですが、実は世界規模でみてみると、日本の生産量は世界で19位となっており、実はそれほどでもないのです。りんご生産量世界1位はなんと同じアジア地域の中国となります。中国のりんご年間生産量約4000万トンということで、2位がアメリカの約400万トンですから、中国がかなり圧倒的であることがわかります。3位はトルコ、4位ポーランドと続きます。19位の日本の生産量は約74万トンなのです。