美味しいりんご7976を見分けるには?3つのコツをチェック!

スーパーでたくさん並んでいるりんごの中から、おいしいものを見つけたい!そんなときにはこの3つのポイントをチェックしてみてください。 1つ目のポイントは「表面のツヤ」です。フルーツのツヤはワックスがかけてある健康に悪いものだ、というイメージがあるかもしれませんが、実はりんごのツヤはりんご自身の保湿成分で食べても問題ありません。よりつやつやしているものの方が熟していて、おいしいりんごのしるしです。 2つ目のポイントは「デコボコしているもの」です。デコボコがあると古いもので、水分が抜けているように見えてしまいますが、実はそれは完熟しているというしるしです。綺麗でつるつるしているものよりも糖度が高くおいしいりんごなのです。 3つ目のポイントは「つる割れしているもの」です。りんごのつるの部分に割れがあるもののことです。一見不良品だと思われがちですが、つる割れを治そうとして必死のりんごは蜜をたっぷりと含み、甘くおいしくなっています。 2つ目、3つ目のポイントはどちらもお店側からも購入者からも「不良品だ」というイメージがありますので売場でなかなか見ることはありません。だからこそ見つけたらラッキー!ぜひ一度購入して、味の違いを確かめてみてください。

りんご7976の皮むきは面倒?簡単にむく方法とは

りんごは皮をむくのが面倒で、りんごを食べないという人もいるのだとか。栄養たっぷりのりんご。皮むきが面倒で食べないなんてもったいない!そこで少しでも簡単に皮がむける方法をご紹介しましょう。 らせん状にむかないで、8等分程度に分けてから縦に皮をむく方が手早く、失敗も少ないのでおすすめです。 「包丁は使いたくない」という人には、ピーラーもおすすめ。これも先に等分に切り分けてから縦にピーラーを動かしましょう。 1000円程度で回転式の皮むき器などという道具も売っているので、試してみる手もありますね。 お客さまに出すのでなければ、皮ごと食べるのもいいですね。りんごには皮にたっぷり栄養が含まれているんですよ。